ピンクゼリーの購入方法

SS研究会のピンクゼリーの購入方法はオンラインショッピングのみです。

 

ネット上での購入方法はまずSS研究会のピンクゼリーと検索し、オンラインショッピングのページへアクセスします。

 

購入するにはログインが必要なので登録がまだの人は新規登録ボタンから会員登録します。

 

会員登録には手数料として5000円必要です。

 

新規会員登録をするとまず仮登録の状態になります。

 

この段階ではまだ会員登録は完了していないので注意するようにしてください。

 

登録の際入力したメールアドレス宛にメールが届きますので、記載されているURLをクリックして本登録を完了させてください。

 

仮登録が完了すると「会員登録料」として料金が自動的にカートに入る仕組みとなっています。

 

入金確認後に本会員登録になります。

 

お支払方法は2つあります。

 

1つは銀行振り込み、もう一つは代引きです。

 

クレジットカードでのお支払いはできません。

 

また、代引きの場合は手数料として400円かかりますので注意してください。

 

お支払方法が代金引換の場合、送料800円がかかります。

 

こちらは全国一律の料金です。

 

これに合わせて先ほどの代引き手数料が400円かかりますので合計1200円プラスされます。

 

銀行振り込みの人は送料のみなので800円のプラス料金になります。

 

購入手順です。

 

ショッピング画面から希望の商品を選択し、カートに入れます。

 

カートに入れる際にはログインが必要なので事前に登録を済ませておきます。

 

カートに入っている商品と個数を確認し、購入手続きへ進みます。

 

規約と注意事項をご確認ください。

 

同意後、配送先とお支払方法を選択します。

 

注文内容、お届け先情報を確認後、注文を確定してください。

 

登録したメールアドレス宛に確認のメールが届きますのでご確認ください。

 

支払方法が銀行振り込みの場合、代金を指定の口座に振り込みます。

 

銀行振り込み時の払い込み人指名は、7桁のご注文番号と、氏名を入力します。

 

入金確認後の商品発送となります。

 

会員登録後に2年間1度も購入がないと退会扱いになります。

 

会員登録後にお支払方法は製品を申し込み後7日以内に支払いがされない場合、キャンセル扱いになります。

 

事前にキャンセルしたい場合は、商品発送前までキャンセル可能ですが、商品の発送後はキャンセルができません。

 

SS研究会は全国で赤ちゃんの男女の産み分けに取り組んでいる産婦人科の医師で結成された研究会です。

 

一般の病院や産婦人科を受診した際にも勧められるのはこちらのピンクゼリーなので安心して使用することができます。

 

ピンクゼリーは女の子を希望されている人におすすめする商品です。

 

膣内の環境が酸性に近づけることで女の子の出産可能系が高まります。

 

成功率は70%前後だと言われています。

 

使用方法はまずこちらのピンクゼリーを使用します。

 

その後排卵日の2日前に性交渉を行います。

 

排卵2日前の性交渉での妊娠を目指すことになりますので、当然妊娠確立自体は低くなってしまいます。

 

そのため早期の妊娠をお望みの人にはあまりおすすめしていません。

 

排卵2日前であることがポイントで、排卵日を正確に把握しなければなりません。

 

そのため、生理の周期をきちんと把握しておくことが大切です。

 

生理日管理のアプリなども配信されていますので、そのようなものを使用したり、日記をつけたりすると良いでしょう。

 

ピンクゼリーの使い方についてです。

 

ピンクゼリーは性交渉の際必ず使用するようにしてください。

 

具体的には挿入する5分ほど前に膣内にピンクゼリーを注入します。

 

ゼリーは常温で固まる性質となっています。

 

そのため、使用前にはお湯につけて5分ほど温めます。

 

お湯の温度は約45度から50度ほどの、お風呂よりもやや熱い温度を用意しましょう。

 

ゼリーが十分に解けたら、注射器などでゼリーを吸います。

 

その後膣の奥へ注入し終了です。

 

ゼリーを保存する場合、常温で保存をしてください。

 

排卵2日前の使用ということで妊娠可能性自体は低いです。

 

そのため妊娠しにくく一度で成功しないかもしれませんが、根気強く続けることが大切です。

 

インターネット上で購入する場合、価格は10800円に送料、手数料を合わせた金額になります。

 

医療機関を受診してピンクゼリーを処方してもらう場合はより価格が高くなりますので通販での購入が安価になります。

 

しかし、医療機関で処方されるものと同じ商品なので安全面、衛生面などの心配はありません。